<お役立ちメニュー>女性ホルモンの分泌が活発にすることががバストアップを実現させるポイント

視床下部の働きが悪くなってしまいますと、バストアップに必要となる女性ホルモンの分泌がされなくなってしまいます。
ですのでバストアップを望んでいる人は、ストレスを溜めずに毎日の生活を送っていくようにしましょう。視床下部でどの程度の量が分泌されるかが決まることになりますが、実はストレスを最も受けやすい場所なのです。
つまりストレスを溜め過ぎてしまいますと、視床下部の働きが悪化してしまうのです。女性ホルモンの分泌が活発にすることががバストアップを実現させるポイントとなります。
脳下垂体と呼ばれている場所の視床下部で女性ホルモンの分泌が調整されているのです。 誰でも出来て気軽な美容方法の一つであるウォーキングですが、忙しい現代人にはその時間を作るのも難しいことでしょう。
最近では自宅で簡単に実践出来る美容対策もありますので、是非とも試してみると良いでしょう。





ナカノへ
ナカノの情報
URL:http://www.abc-store-japan.com/page/415


<お役立ちメニュー>女性ホルモンの分泌が活発にすることががバストアップを実現させるポイントブログ:2021/11/10

子どものころ、母から
「食べ物を食べる時にはきちんと噛みなさい」と
言われたことはありませんか?

よく噛むことで、食べ物が細かくなりますから
消化器官への負担が軽減されるというメリットがあります。

また
よく噛むことは、
ダイエットにもつながっていくそうなんですよね。

噛むこととダイエットをつなぐカギは、
満腹中枢にあります。

食事をし始めてからしばらくたつと、
満腹中枢というところから
「腹いっぱい」という信号を発します。

すると、「腹いっぱい」という信号が脳に伝わり、
おれたちのからだは満腹感を感じることができるわけです。

ところで、この満腹中枢ですが、
食事をしてからしばらく時間が経過をしないと
信号を発さないことが分かっています。

個人差はありますが、
たいていは20分前後で信号を発するといわれています。

ですから早食いで、
20分以内に食べ終わってしまうと、
どこか腹が物足りなかったりするんです。

一方、
20分以上、じっくりと時間をかけて食事をすれば、
少ない量でも腹が満足します。

だから、ゆっくり噛むという行為が重要なんですね。

ゆっくり噛むことによって、
その分食べ物を飲み込むまでに時間がかかります。

ということは、少ない食事量であっても、
十分に満腹感を得ることができるようになるわけです。

噛む回数を増やす方法は、いくつもあります。

ゴボウなどのかたい食材を多く取り入れると、
どうしても噛み砕くのに時間がかかります。

また、食べ物をくちに運んだら、
いったん箸を置くという方法も有効みたいですよ。
箸をいちいちおくことで、その分噛む回数が増えてくるからです。

明日はいい日かな〜