小顔に大きな影響を与える普段のストレス

日常生活で筋肉疲労を生じてしまっている方は多いですが、その時に乳酸が蓄積されてしまっています。
リンパの流れが悪化してしまい、乳酸が溜まってきますと、水分の代謝も悪化してしまいますので、むくみなどといったトラブル症状が生じてしまうのです。

 

顔の神経を使い過ぎてしまうことになり、ストレスを溜めてしまうことで、顔が凝ってしまうケースは多くあります。
顔の凝りは本人に自覚が無かったとしても疲れやストレスが原因となって進行している可能性があるのでご注意ください。

 

日常生活で顔が疲れやすい肩や、目つきが悪いと自覚している方は顔の凝りを引き起こしてしまうケースがあります。
小顔体操や造顔マッサージを実践し顔の凝りをしっかりほぐし、またストレスをなるべく溜めずに生活を送っていきましょう。



小顔に大きな影響を与える普段のストレスブログ:21年12月31日

減量をしていても、
ついつい手が伸びてしまう、甘いお菓子。

甘いお菓子には、糖分が多く含まれていますから
カロリーも必然的に高くなります。

これを間食や夜食で食べる習慣がついてしまっては、
減量も大変です。
しかも、こういった甘いお菓子には中毒性があります。

白砂糖を摂取し続けると、
甘いお菓子を食べないとイライラして、
食べずにはいられない体質になってしまいます。
まさに、太りやすい肉体になってしまうんです。

甘いお菓子をやめるにはどうしたらいいのでしょうか?

まず大事なのは、
いきなり全面的に禁止しないことです。

大好きで今まで日々のように食べていた甘いお菓子を、
いくら減量のためとはいえ、
いきなり今日から全面禁止にするのは難しいですよね。

肉体が欲しているものをいきなり全部止めようとすると、
肉体は逆にもっと欲しがります。

これは甘いお菓子に限らず、
ご飯制限や体操など、
減量のすべておいていえることでもあります。

減量のためにカロリーコントロールしようとしても、
いきなりガクンとご飯量を減らし続けることはできませんよね。

でも、日々少しずつカロリーを減らしていくようにすれば、
意外とスムーズにカロリーコントロールできてしまうものです。

体操にしても同じこと。
今まで体操なんてほとんどしてなかったのに、
いきなり日々5kmジョギングしようとしても
なかなか続きませんよね。

まずは、通勤や通学の行き帰りで
ちょっと遠回りして歩く時間を増やすだとか、
エスカレーターやエレベーターを使わず、階段を使うようにすることから始めて、肉体を動かす習慣をつけたほうが賢明でしょう。