永代使用権を買うのであって土地を買うのでは無い

永代使用権を買うのであって土地を買うのでは無い


永代使用権を買うのであって土地を買うのでは無い
墓地の永代使用料は安い順に並べますと公営・民営・寺院と基本的にはなっています。
とは言いましても限られている予算で墓地を欲しいという人がいた場合には、公営が良いとは決して限らないのです。

公営での墓地面積は大きな区画しかない場合があり、案外価格が高くなってしまうケースがあります。
その一方で、民営の場合は小さな面積でも販売されてることもありますので、公営よりも安く購入することが出来る場合もあります。お墓を建てる時によく「お墓を買う」と言うことがありますが、本当は「永代使用権を買う」ということであり、土地を所有する権利を買うというものではないのです。
ただしこれら永代使用権の内容や制度というのはそれぞれ霊園によって異なりますので、契約内容をまずは把握しておきましょう。 当然のことですが霊園というのはその土地を利用する権利を購入することになりますのである程度まとまって費用が必要です。
ローンで購入をすることも出来ますが、支払いを遅延してしまうと撤去されてしまうこともあるのでお気をつけ下さい。




永代使用権を買うのであって土地を買うのでは無いブログ:22-01-18

高校二年の二学期早々に、
わしは学習意欲を喪失し、成績不振から登校拒否を起こした。

8時、「行ってきます」と出て、
図書館で24時間を過ごし、夕方帰った。

不登校四日目、自分なりに考え抜いて退学を決意した。
その18時、兄や弟たちが寝静まるのを待ち、
親父に言った。

困惑した表情をわずかに見せた親父は多くは語らず、
強く叱ることもしなかったが、こう言った。

…いいだろう。
ただし、もうひと月だけ学校に行け。
そして、学校生活に全力で取り組んでみろ。
それでも決意が変わらなければ、退学して家の仕事を手伝うがいい。
わしには五人の娘に分けるほどの財産はない。
ただお前たちが勉強したいんなら、
どんなことをしてでも大学に行かせてやろう。
それが、おまえたちに残すことができる財産だ…

ひと月後、あの決意をすっかり忘れて、
学校生活にのめり込んでいる私がいた。

この言葉は、
働きながら夜学に通い、
二十六歳で会社を立ち上げ、
叩き上げの商売人だった親父が
わしに残してくれた遺産だ。

西郷隆盛に、
「児孫のために美田を買はず」という遺訓がある。

「財産を残すと、子孫の精神が安逸に流れやすいからそのようなことはしない」
という戒めである。

親父は「児孫のために美田を買えず」であったのだろうが、
鍬だけは買ってやるから、後は自分の力で荒地を切り開き、
田畑を耕せと教えてくれたのだろう。

その鍬のおかげで、
わしは今日までともかくも生きてこられたような気がする。

そして、わしもまた、相変わらず美田を買えないままに、
使い古したその鍬を二人のムスコに譲り渡した。

今、ムスコたちは、その鍬で汗を掻きながら田畑を耕している。
永代使用権を買うのであって土地を買うのでは無い

永代使用権を買うのであって土地を買うのでは無い

★メニュー

最も大きな費用が必要となる墓石代
供養方法は様々選択することが出来る
宗教と立地条件が大切な霊園選び
価格や環境と設備などを事前確認
永代使用権を買うのであって土地を買うのでは無い
管理費は霊園側に毎年支払う
公営墓地を選ぶメリットとデメリット
民間が運営をしている霊園は宗教宗派を問わない
様々な規定のある霊園使用
管理体制と霊園の設備などを確認


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)霊園探しに非常に役立つ情報ステーション