風俗案内所@快楽情報

風俗案内所@快楽情報

この度は当サイト「風俗案内所@快楽情報」へお越しいただき誠にありがとうございます。
様々な風俗情報をご案内させていただいております。風俗を利用したことのある男性の中には、法外な利用料金を請求されたなどの被害に遭った人もいることでしょう。
多くの風俗は完全合法で営業をしているので心配はありませんが、中には違法行為をしている風俗もあるので注意が必要です。
何歳になっても男性というのは性欲があるもので、それを解消するために風俗を利用されることでしょう。
風俗というのはある意味で非現実的なことを体験することの出来る言わば男性天国とも言えるのです。

 

これから風俗に行ってみよう!と思っているのでしたら、まずはその風俗のホームページを確認してください。
風俗営業取得済みなどと書かれていなければその風俗の利用は避けるべきなのです。

大阪 出張マッサージの情報
http://www.relakupon.com/




風俗案内所@快楽情報ブログ:20 10 21
おはようございます

最近、減量をする時に、
炭水化物を天敵とする傾向が強くなっているような気がします。

炭水化物は消費されないと
体脂肪という形で貯蔵をされてしまうということが
知られるようになってから、
その傾向が強くなっていると思うんです。

確かに、過剰に炭水化物を摂取することは
減量の見地からみると逆効果につながりかねません。
でも、あくまでも「過剰に」摂取した場合なんですよね。

僕の周りにも、
「炭水化物抜き減量」をしている仲間がいますが…
僕は、炭水化物を全く抜く減量というのは
危険だと思います。

その理由は、脳との関係にあります。

脳というのは、エネルギーを貯蔵することができません。
ですから、常に栄養分を供給する必要があります。

脳というのは特殊な組織で、
ブドウ糖でないとエネルギー源として使うことはできないそうです。
ブドウ糖というのは、炭水化物を分解したときにできるものですから、
炭水化物を食事から極端に減らすことは、
脳にとって危機につながりかねないのです。

実際、
食事から炭水化物を極端になくしてしまうと、
頭がボーっとすることがあるといわれています。

頭がうまく回転しないのは、
炭水化物の供給が減ったことで、
脳が栄養不足を起こしている可能性があるんですよね。

どうしても、体脂肪が気になるという人は、
お昼間、活動する時間帯に炭水化物を摂取するようにしましょう。

炭水化物は、すぐエネルギー源として活用されます。
なので、活動的なお昼間に食べても、
すぐに消費される可能性が高いです。

減量も大事ですけど、
肉体や脳の健康の方がもっと大事なんじゃないでしょうか?

――――――以上で今日の報告を終わります。

風俗案内所@快楽情報 モバイルはこちら